動脈硬化の改善方法~動脈硬化に効くサプリメントは?

カルシウム

心臓や脳の病気など、命を落とすことになりかねない病気の原因にもなる動脈硬化。
なるべく若い頃からの対策が推奨されていますが、栄養面での予防や改善にいいといわれているものとして、カルシウムを挙げることができます。
今回はこのカルシウムの特徴や動脈硬化に対する効果、摂り方に関する情報を提供しますので、対策に役立ててください。

■カルシウムとは

カルシウムは人間の体内に存在するミネラル類のなかでも一番多く、すこやかな骨や歯をつくったり、精神を落ち着けるといった生理作用など、担当している仕事は多岐にわたります。
なお、このカルシウムは摂り過ぎると動脈硬化のリスクが増大するのではと心配している人もいるでしょうが、これはいわゆるデマ情報です。
実際にこれを信じてカルシウムの摂取量を控えていると、余計に動脈硬化を引き起こすリスクが増大してしまいますので、不足しないように十分な量を毎日摂らなくてはいけません。

■カルシウムの効果

カルシウムが多くなると動脈硬化のリスクが増大してしまうというのは、体内でのことです。
この栄養成分の摂取量が少ないと、不足分をカバーするためカルシウムが骨から溶けだします。
そして溶けだしたカルシウムは血液に送られる形になりますが、量が多過ぎると動脈にある血管壁に付着してしまい、石灰化を招いてしまうことになるのです。
これにより動脈硬化を引き起こしてしまったり、悪化させてしまう恐れがありますので、カルシウムが足りなくならないように注意しなくてはいけません。

■カルシウムの摂り方

カルシウムが不足しないようにするためには、含まれている食品を摂るのが効果的です。
効率良く摂るには含有量の多い食品を選べばよいのですが、牛乳、木綿豆腐、小松菜、チンゲン菜、プレーンヨーグルトなどに豊富に含まれています。
また、通常の食事で多くの量を摂り続けるのが負担に感じるという人は、カルシウムが豊富に配合されているサプリメントから摂取してもよいでしょう。

↑ PAGE TOP