動脈硬化の改善方法~動脈硬化に効くサプリメントは?

オレイン酸

動脈硬化の予防や改善の対策をするのであれば、日頃の食事の内容を見直し、この病気に有効な栄養成分を十分に摂取しなくてはいけません。
さまざまな栄養成分を摂ることが推奨されていますが、オレイン酸もそのなかの一つに含まれます。
早速オレイン酸がどんな成分なのか、また動脈硬化になぜ効果的なのかなどを解説していきますので、一読してみてください。

■オレイン酸とは

オレイン酸とは、一価不飽和脂肪酸の一種であり、オリーブオイルや紅花油、ヒマワリ油といったものに豊富に含まれている栄養成分です。
動脈硬化をはじめ、生活習慣病に有効ということで注目度が高まっています。
また、オレイン酸は酸化が起こりにくく、長期の保存に耐えられるほか、熱にも強いという性質を持っています。
乱れた食生活が原因となって増加した悪玉コレステロールを抑制し、すこやかな血管の維持、生活習慣病を未然に防いでくれる栄養成分です。

■オレイン酸の効果

オレイン酸は既に述べたように、悪玉コレステロールを減少させる作用をもたらしてくれます。
悪玉コレステロールが過剰な状態になると、やがて酸化し、血管のなかにある壁に付着してしまいます。
これにより血管が塞がってしまい、動脈硬化の原因になってしまうのです。
オレイン酸を摂ると、この悪玉コレステロールが過剰な状態を解消するのに役立つため、動脈硬化の予防や改善にも効果的なのです。
また、コレステロールには善玉コレステロールもありますが、これには悪玉コレステロールの排出を促す作用があります。
オレイン酸には善玉コレステロールを増やす作用もありますので、動脈硬化対策にたいへん有効です。

■オレイン酸の摂り方

オレイン酸はオリーブオイルなどに豊富に含まれていますが、アーモンドやピーナッツからも摂ることが可能です。
しかしながら、これらの食品はハイカロリーなため、摂り過ぎると肥満の原因となりますので、動脈硬化対策としてはよくありません。
また、牛脂や豚脂にも含まれていますが、動物性脂肪は動脈硬化を招いたり悪化させる中性脂肪やコレステロールを多くすることになるため、こちらも動脈硬化の予防や改善には向かない食品です。

↑ PAGE TOP